医療従事者・宅配業者の皆様、ほんとうにありがとうございます!
ウイズコロナのコツ
まい
まい

被害者のつもりがいつの間にか加害者になってない?

コロナ感染者をせめても、収束しませんよ

【フィトケミカルも大事な栄養素】いろんなパワーアイテム

フィトケミカル
この記事は約5分で読めます。

お元気ですか? 苺です!

苺(いちご)と書いて苺(まい)と読みます。

 

フィトケミカルとは?

ファイトケミカルと書くこともあります。

植物中に存在する天然の化学物質です。

 

なんのことやら、さっぱりわからんのやけど?

まい
まい

イソフラボン・リコピン・タウリンって聞いたことない?

これみんなフィトケミカルです

 

野菜や果物に含まれているフィトケミカルは、いま注目されている重要な栄養素です。

『フィト』はギリシャ語で『植物』の意味の『phyto(フィト)』に由来しています。

植物性化学物質であるフィトケミカルは、ビタミンやミネラル・食物繊維とはまたちがった栄養素なのです。

フィトケミカルの種類は、今わかっているだけでも1,000種類以上あります。

野菜・果物・芋類・豆類・海藻・お茶・ハーブなどの色素や香り・アクなどから発見されました。

病気をなおすという点では必要とされませんでしたが、健康にイイというので注目され「第7の栄養素」とまで言われるようになりました。

ほぼ植物に含まれる栄養素です。

植物は、外敵や紫外線から身を守るために、フィトケミカルを作ります。

フィトケミカルとは野菜や果物の色素や苦味・辛味・香りのらことで、植物の皮や茎の部分にたくさん作られます。

ですから皮は捨てずに、丸ごと食べるのがイイのです。

皮まで食べるのなら無農薬野菜が望ましいのですが、なかなか手に入りませんよね。

その場合は、野菜や果物の農薬を洗い落とすための専用洗剤もありますので、利用しましょう。

 

 

 

なるほど~フィトケミカル

植物は動物と違って、自由に動き回ることができません。

強い紫外線や雨風にさらされながら、生きています。

そのため、抗酸化力抗菌力を持っています。

動けない分、自分を守る力を持ち合わせているんですね。

臭い出して、害虫や動物を追い払うこともあります。

身を守るために、自ら作り出した色素や香り・苦み・辛味などの機能性成分がフィトケミカルなのです。

人間は体内でフィトケミカルを作り出すことはできません、それらを含んだ野菜・果物などを食べることで、抗酸化力免疫力をアップさせ、生活習慣病予防アンチエイジングに活用することができます。

 

まい
まい

フィトケミカルには具体的にどんな働きがあるのでしょうか?

抗酸化作用

抗酸化作用とは、活性酸素を無毒化する働きのことです。

いいじゃん!

活性酸素って老化の原因になるんでしょ?

まい

それはちょっとちがうよ

老化の原因になるのは活性酸素が増えすぎた時だけで、本来は身体に必要なものなんだ

フィトケミカルの抗酸化作用は、ムダな活性酸素を無毒化してくれるので心配ありません。

ただ活性酸素といえば悪者と思ってすべてをとりのぞこうとするのは危険だと言いたかったんです。

免疫力を高める

免疫力とは、免疫細胞が体内に侵入した細菌・ウイルスなどを攻撃することで身体を守っています。

フィトケミカルは、免疫細胞と結びつき活性化する働きをもっています。

抗炎症作用

炎症や発熱は、免疫細胞が病原体と闘っておさえこむために必要な生体防御反応です。

その際どうしてもダメージが残りますが、フィトケミカルの中にはダメージを修復する作用を持つものがたくさんあります。

まい
まい

このほかにも

  • 静菌・殺菌作用
  • 新陳代謝を活発にする
  • 自律神経の乱れを調整する
  • ホルモン分泌のバランスを整える

など、いろいろな働きをもつフィトケミカルが次々と見つかっています

フィトケミカルの種類

よく知られているものでも1,000種類ほどあり、10,000種類以上が発見されています。

大きく分類すると

ポリフェノール

アントシアニン・イソフラボン・カテキン・クルクミン・セサミンなど

フィトケミカル[ポリフェノール①]アントシアニン・イソフラボン

フィトケミカル[ポリフェノール②]カテキン・セサミン

 

 

カロテノイド系

リコピン・βカロテン・αカロテン・ルテインなど

フィトケミカル[カロテノイド系①]リコピン・βカロテン・αカロテン

フィトケミカル[カロテノイド系②]ルテイン・ゼアキサンチン・カプサイシン

 

 

アミノ酸関連

タウリン・グルタチオンなど

フィトケミカル[アミノ酸関連]タウリン・グルタチオン

 

 

糖関連物質

βグルカン・フコイダン・ペクチンなど

【フィトケミカル】βグルカン・フコイダン・ペクチン

 

 

イオウ化合物

アリシン・スルフォラファン・イソチオシアネートなど

【フィトケミカル】にんにく・ネギの代表成分:アリシン

 

 

テルペン類

オイゲノール・リモネン・αピネンなど

【フィトケミカル】オイゲノール・リモネン・αピネン

 

 

その他

ナットウキナーゼ・ギンコライド・GABA

【フィトケミカル】ナットウキナーゼ・ギンコライド・GABA

 

などがあります。

聞いたことのある名前がけっこうあるのではないですか?

これらのフィトケミカルは、ひとつの野菜に全て含まれているのではありませんので、いろんな野菜・果物を摂ることが必要になります。

いろんな色の野菜・果物を摂るのが簡単な方法です。

すると自然にたくさんの種類のフィトケミカルが摂れます。

白以外のものなら、出来るだけ色の濃いものを選びましょう。

濃い色の中にたくさんのフィトケミカルが含まれているからです。

どの野菜・果物に、どんなフィトケミカルが含まれているか?

もう少しだけ特徴を知っていれば、効率よくアンチエイジングができますよ。(⌒∇⌒)

朝穫り野菜を産地から当日発送!
無農薬野菜のミレー
朝穫り野菜を産地から当日発送!
無農薬野菜のミレー