医療従事者・宅配業者の皆様、ほんとうにありがとうございます!
ウイズコロナのコツ
まい
まい

被害者のつもりがいつの間にか加害者になってない?

コロナが流行して欲しいと思ってる人なんていませんよ

オメガ9【油って悪者なの?】オレイン酸は体内で産生する!

栄養・成分
この記事は約4分で読めます。

お元気ですか? 苺です!

苺(いちご)と書いて、苺(まい)と読みます。

 

 

最近オメガ9とかオメガ3とか、よく聞くけど~?

そうですね。油の成分名で、炭素と水素のつながり方のちがいで分類したものです。

 

化学的に言われても、全然わかんない!

 

たしかに~(^▽^;)できるだけわかりやすく説明します。

 

オメガ9脂肪酸

代表とする脂肪酸はオレイン酸です。

オレイン酸は、血中の善玉コレステロール(HDL)はそのままで、悪玉コレステロール(LDL)のみ下げます。
➡血液がドロドロになるのをおさえるので
動脈硬化・心臓病・高血圧の予防に効果があります。

また胃酸の分泌をコントロールして、胃酸過多・胃潰瘍を防ぎます。

腸をなめらかにして、便秘の解消・予防します。
➡肌荒れの解消

放射線の害を防ぐはたらきもあります。

 

まい
まい

役立つ効能が多いので、すすんで摂るように言われていますが、体内でも作りだされるので、摂りすぎには注意が必要です

 

オリーブオイル

 

オレイン酸を80%ほど含むオリーブ油は、オメガ9の代表選手です。

数ある油の中でも「オリーブオイルが最強!」という研究者もいます。

ですが酸化・劣化しやすいので、粗悪品を買わないよう気をつけましょう。

オリーブオイル【油って悪者なの?】

 

なたね油

キャノーラ油ともいい、日本でもっとも多く消費されています。

なたねの種子が原料です。

オレイン酸64%

キャノーラ油はなたねの中でもカナダで開発されたキャノーラ品種から採油されたもので、国産菜種油とは厳密には同じものではありません。

値段がぜんぜんちがいますよね(^▽^;)

 

 

 

菜種油の製造法は、なたねの種子に圧力をかけて油をしぼりだします。

その時全体の40%の油分のうち、25%の油分がしぼれます。

ですが残り15%の油分をしぼりきるために、薬品をつかうところが多いのです。

薬品を使えば、短時間でしぼりきることができるからです。

 

 

さらにそこからたんぱく質をとりのぞいて、きれいな菜種油に仕上げます。

ここでも薬品を使って、短時間でたんぱく質をとりのぞく場合がほとんどです。

これらの薬品は最終段階で加熱して気化させるので、表示されることはありません。

スーパーに並べられているだけでは、薬品を使っているかどうかなんてわからないんです。

 

👇圧搾一番搾りにこだわった菜種油👇

 

べに花油

サフラワーのことです。

クセがなく、ビタミンEが多く含まれています。

リノール酸の多い紅花(べにばな)を品種改良して、オレイン酸の多い品種が増えています。

 

 

米油

日本で生まれた、米ぬかが原料の油です。

オレイン酸43% リノール酸35%

 

γ(ガンマ)オリザノール

米ぬかにだけ含まれる成分です。

コレステロールの吸収をおさえる作用や、更年期障害などの不定愁訴に効用があるので、医薬品として使われています。

紫外線防止のために、化粧品にも用いられています。

 

不定愁訴(ふていしゅうそ)
「頭が重い」「疲れがとれない」「イライラする」「眠れない」などの自覚症状をうったえるが、検査をしても原因や病気が見つからない状態です。

 

落花生油

焙煎したピーナッツの独特の香りと風味があります。

中華料理やフランス料理によく使われています。

オレイン酸47% リノール酸31%

 

 

 

エステもあります!
ほのか整骨院
エステもあります!
ほのか整骨院